ホンダ「ハイネス350
(日本ではGB350と決まったようですね)

これ、とてもかっこいい。
スタイルはスタンダード、むしろ古いとも言えるけど、
単純にとてもかっこいいと思う。

HONDAがHPでGB350の情報を公開しています。
GB350先行情報ページ
(アイドリングや走行時の排気音が聴けます)

上下左右の外観が観られるページも
360°ビューページ

最近の攻撃的というか、鬼の形相みたいな顔つきのバイクも
迫力はあっていいんだと思う。

SSみたいに胸のすくスピードもとても魅力はある。

だけど、多分乗らなくなってしまうと思う。
気疲れしてしまうような気がする。

だったら、乗れる方がいい。

身につけるものは、その機能や価格も大事かも知れない
けど、何より

気にいる

ってことがまずは大事だと思う。

そして、使えるってこと。
特にバイクなんかは余計にそう。

まだ発売前ではありますが、
気にいるってだけで、実は楽しめること確定と思うんだけどね。

僕はバイクが好きなんだろうなぁ・・・と思う、
乗ってなくても(現在乗ってない)バイク情報には
どうしても目が行く。

MOTOGP(中上頑張れ!)やWSBのようなバイクレースもよく観ています。

血の気の多い世代の頃からバイクに乗って来たせいか、
”バイクってこういうもの”
っていう思いの中に、

  1. 速くないといけない
  2. 舗装路をスイスイ素早く走れないといけない

というのが、長く存在していました。

目が向くのはどうしてもロードスポーツタイプ。
諸元ではすぐに馬力、や車重に・・・。

でも、歳取ると少し違ってきます。
気合のいらない、リラックスできるバイクに目が向くのです。

十数年前からとても気になっていたのは「SR400」

説明の必要のないバイクでしょう。

最新のSRは24馬力。
単気筒のシングルカム250ccでも十分出せるレベル。

でも、たった3000rpmで2.9kgの最大トルクを出す。

60~80km/hあたりに最も快適なエリアがあることを
感じさせるスペックです。

スタイルはクラシックだけど美しい。
語れるだけの歴史もある。

目を釣り上げて吹っ飛ばすようなことができない私の
ような年齢には大きな魅力のあるバイク。

でも、なくなっちゃうんですよね。

排ガス規制に耐えられず、一度は消えて、復活したSR。
再度復活の目がないわけではないかも知れないけど、
う~ん・・・
どうでしょうか?

そこへ登場したのがホンダ
「ハイネス350(GB350)」
日本導入は確実のようです。

メーカーが発売予定を発表しましたので。

すでに発売されてるインドでは、こんな派生モデルも出てます。

詳細な内容は他に譲りますね。

SRよりやや排気量が小さいけど、同じ空冷単気筒2バルブ!
しかもこのエンジン、超ロングストローク!

ピークパワーは21馬力と、SRを下回るが、排気量も少ないし
仕方ないのかな。

逆にトルクは同じ3000rpmで3.05kgと上回ってる。

パワー感はやや上かも。
SRより低中速トコトコ走りがとても快適そう。
走りも、音も、振動も・・・。

やや回すことを好むSRよりずっと。

僕もいい歳になってしまった。
無理もきかない。
ただ、バイクに乗りたいな・・という思いはずっと
くすぶってる。

バイクでトロトロ走ってられっかい!!
と、思ってる人いると思うんですよね。

僕もその口だったから。

でも、最初は”ええ!?”と思うほどの遅さは、
すぐに慣れてなんでもなくなります。

4ストの原付スクーター(1週間程度借りた)に乗った
ことがあるけど、ほんとに思った。

最初は「全然進まね~!!」「なんじゃこれ!」
でしたけど、ちょいと乗ってどこでもスカスカ行ける
便利さ手軽さのほうが魅力になってしまって・・・。

なんのこたない、楽しく乗り回してた。
もちろんハイネスは350なので、周りの車の流れにについてけない
なんてことはない。

さてさて、GB350 の発売楽しみ。

こういうバイクはやっぱりジェットヘルが合う気がする。