トゥルースリーパーというと、寝具、特にマットレスとして聞いたことがある方が圧倒的に多い
と思います。

トゥルースリーパー=低反発マットレス

という図式ができている事も多いかと・・・。
一時は私もそうでしたので。

このトゥルースリーパーには高反発シリーズがあります。
セロ(cero)というシリーズで、枕(ピロー)とマットレスがあります。

オフィシャルショップで詳細を見たい時はショップ内でセロピローで検索!
こちらをクリック→→ショップジャパン

ここでは、トゥルースリーパーの高反発枕、セロピローについて、色んな情報を集めてみました。
ただ、情報をかき集めるだけではなく、枕に苦労した自分の経験を踏まえた考察、提案もしてみ
たいと思います。

私は柔道整復師の資格があり、基本的な人体の構造や働きを理解しており、慢性、急性症状の治療
活動を通して巷に流れる健康情報の多くの問題点について経験的にある程度理解しています。

迷ったり、悩んでいたら参考ください。

高反発vs低反発という不毛な比較はやめといた方がいい!

1個数百円レベルから、職人的技術を駆使したものや高性能(と言われる)素材を用いた1万円を超
え数万円もするものまで、種類も価格の幅も非常に大きい枕。

その中で自分に合った枕をたった一つに決めてしまう必要があるのか、個人的に非常に疑問を持って
います。

快適と感じる枕の高さや硬さは同じ人であってもその日によって変わるのが普通だと思っています。
温度や湿度などの周辺環境の他、疲労度や疲労箇所、その程度は日々違います。
快適と思える枕環境が違うのは当たり前とも言えます。

また、寝入る段階の姿勢をずっと取り続けるわけではありません。
寝返りを打つことを知らない人はいないでしょうが、無意識に寝姿勢は変わるのです。
同じ横向きでもちょっとした角度の違いで支える寸法等は違っています。

小さい頃、寝返りに伴って枕など、どこかへ跳ね飛ばして寝ていた経験のある方は多いと思います。
でも、ぐっすり寝ていましたよね。
随分無理な姿勢になってしまっていても、けとばしても起きないくらいぐっすり。

枕があろうがなかろうが、無理な姿勢であろうが、就寝時の運動量が多い小さな子はその動作で姿勢
の無理を吸収してしまって、バランスを取っています。
どこかに集中して無理がかかるようなことがありません。

大人になれば小さい頃から比べると睡眠時の運動量は大幅に落ちていますので、首に無理な力がかか
るような姿勢のままあまり動かず、冷えなどと相まって本当に傷めてしまう状況も考えられます。

枕はそれを防ぐ、頭を支えるための道具でもあります。

そうした枕の役割、使われる状況を考えると、状況に応じて高反発が快適な時も低反発が快適な時も
あるはずなのです。
意識できるできないにかかわらずです。

その2つに限らず、そば殻がいい時もマイクロビーズや中空プラスチックがいい時もあるという事に
なる訳です。
素材と同時に高さについても同じことが言えます。

1つだけの ”これがいい” を固定することはあまり意味がないのです。
低反発と高反発にも、優劣は存在しません。
口コミにあれこれ迷うことも、使い心地に関してははっきり言って無意味。

手持ちのバリエーションの1つとしてどちらも持っておくのが正解だと思います。

その高反発枕の選択肢としてセロピローは優れていると思っています。

セロピローが優れているとなぜ思う?

素材の機能だけを全面に押し出して、ただ枕にしました!ではなく、
いろんな使い勝手や安心感を考慮した作りになっているのがとても大きな魅力になっています。

枕は汚れやすいものなのですが、そのメンテナンスとして何をしていますか?

カバーをつけて、その汚れが目立ったら洗い替えと付け替えて洗濯。

ぐらいのものではないですか?

私はそうです。
専用の枕カバーではなく、バスタオルなどを巻き付けて使う場合もありますが。

まくらの中身はダニやその死骸、排泄物の塊とも言われます。
湿気を含みやすく、菌カビにとっても最適な温床になります。

丸洗いができるメリットは非常に大きいのですが、高反発系素材は空間比が高く(要はスカスカ)
それができるのが大きなメリットです。
セロピローはカバーも中の詰め物もすべて洗濯できます。

また高反発性の元になっている素材「ナノブリッド」は抗菌防臭加工してあるので、さらに安心感
もあります。

付属の枕カバーの表裏はテンセル。
肌触りの柔らかさでよく知られる素材ですが、テンセルってレーヨンです。
繊維が細く、非常に滑らかで、ちょっとヒンヤリ感もあります。
化繊ではないので、吸湿性にも優れており、気持ちよく使えます。

側面はメッシュになってて、カバーのせいで通気性を損なうことを防止しています。

詰め物は高さ調節用の硬綿シートを含めて3層構造になっています。
高反発繊維シートの「ナノブリッド」をむき出しの単相でカバーしてしまうとカバーがあるとはいえ
当たりがゴツゴツしてしまいますがパイプ層でカバーしています。
また、パイプと硬綿で挟むことでへたりにくくする効果もあります。

セロピローの販売はどこで?

公式オンラインショップの他、ヤフーショッピングと楽天市場のショップジャパン店。

2019年12月現在、扱っているのはこの3箇所です。

大手通販2社も出品はオフィシャルショップなので、1番都合がいいところ・・・
という感覚で選んでOKではないでしょうか。
ポイントとか、ギフトとか。

販売店舗を探す時、” どうせ同じものなのだから少しでも安く!” という気持ちは十分理解できる
つもりです。
簡単に比較できるところも通販の大きなメリットです。

ですが、通販は商品を目の前で見て触って確かめて購入することができません。

使ってみなければ分からないものをネットで買う場合、どうしてもダメだった場合の対応を確認して
おくことはとても大事なことです。

そんなの当たり前!!

と思うかも知れませんが、ここで言い分が噛み合わずトラブルになったり、嫌な思いをしたりムダな
時間を使わざるを得なくなったりすることは多いのです。
その感情のままにレビューでも書かれたら、読んだ人はいい迷惑ですからね。
そういう例も多いし・・・

ただ、以前はアマゾンにも出品があったので比較の意味がありましたが、現在はなくなってます。
ヤフー、楽天は返品条件等含めて公式ショップと同じなので、好みで選べますね。

ショップジャパンでは、39日間返品受付を行っており、開封して使用後でも期間内は返品が可能です。

同じ「ナノブリッド」を使った高反発マットレス ”トゥルースリーパーセロ” もあります。
高反発が快適だとわかったら、マットレスも試してみるといいですね。

↓公式ショップはこちら↓
↓ヤフー、楽天市場はこちらから↓