コレステロールが気になった時、LDL(悪玉コレステロール)値を下げるサプリ。
その副作用についても特に問題になる報告はなく、安心感は高いようです。

コレステ生活

モニターキャンペーン初回1ヶ月分500円!
とか聞いてしまうと、目についてしまうかも知れません。

私自身、一時期コレステロール値が高かった頃がありましたが、その際これを目にしたら飛びついたかも知れません。

気持ちは分かりますが、コレステ生活を使うに当たって気になる点や押さえておくべき点を、興味が思わず湧いてしまうユーザー目線でまとめてみました。

まず最初の注意です。
有効成分に松樹皮由来成分プロシアニジンを使っています。
松樹皮アレルギーのある方は使用できません。

さて・・・
少々数値が高くなったところで、自覚症状はほぼないコレステロール。
なめてしまうかも知れません。

でも、命に関わる大きな変化は突然やって来るのです。
何もしなければ、その変化が起きる可能性は高くなるばかり。

サプリという対策があることを知っておきましょう。
コレステ生活の詳細はこちらをクリック→コレステロールを下げるサプリ

高コレステロール血症の問題はLDL(悪玉コレステロール)!

通常コレステロールが高いというと、LDLコレステロール値の異常を指します。
この状態は程度により2つに分けられます。
・高LDLコレステロール血症:140mg/dL以上
・境界域高LDLコレステロール血症:120~139mg/dL

コレステロール自体は身体にとって大事なもので、一定量が必ず必要です。
LDLは肝臓で作られたコレステロールを血液を通じて全身に運ぶ働きがあります。

悪玉なんだからいらない・・という訳ではなく、これはこれで大事な働きを持っています。

低下しすぎると血管が弱くなり、脳出血を起こすことも・・・

ただし増えすぎても身体に与えるダメージは大きく、こちらも命に関わる事態を引き起こす原因なります。

現代人の生活環境はこのLDLを増やしてしまう傾向が強いのです。

悪玉と言われるLDLに対して善玉と言われるHDLがあります。
この数値は常に他の数値に関わらず40mg/dL以上が望まれます。

善玉の名の通り、HDLは身体にとって実にありがたい存在。
血管中の余分なコレステロールを回収し、動脈硬化を未然に防ぎます。

HDLの数値は一定の運動習慣や運動強度の強い仕事についているなどの、日常の運動量に連動して高まります。

コレステロールが高い時、運動療法を勧められるのはこのためです。

逆に言うと、運動しない生活(現代人はこっちが圧倒的に多い)を送るヒトの場合、薬でも使わない限りなかなか高めることができません。

だから、コレステロールの高い人にとって、薬を使うレベルでなくても日々のLDL対策はとても大事になってくるのです。

LDL低減を狙ったコレステ生活!その成分、気になる副作用は?

表示されている成分名で、コレステ生活の全成分を記しておきます。

還元パラチノース、松樹皮抽出物、ショ糖脂肪酸エステル
酸味料、甘味料(カンゾウ、スクラロース)、香料

機能性成分の松樹皮抽出物(プロシアニジンB1)については、安全性試験に関する文献が出されており、問題のある報告は今のところありません。

松樹皮にはアレルギーを持つ人もいるので、その場合は要注意。
使用は控えた方がいいでしょう。

その他は風味調整も含めた添加物です。

食品添加物については多くの報告があり、副作用や毒性に関する報告も含まれています。

が、使われているものは一般的で、他の多くの食品にもすでに使われているものばかり。

特定の添加物に対してアレルギーの問題がある場合は、あらかじめ知っていることが多いと思いますので、上記の成分をきっちり確認しておきましょう。

でなければ、用法用量を守れば副作用に神経質になる必要はないと思います。

オフィシャルサイトでさらに詳細を知るには
こちらをクリック→コレステ生活【機能性表示食品】

コレステ生活が向くのはこんな方!

コレステ生活に配合されている機能性成分「松樹皮由来プロシアニジンB1」は悪玉コレステロール値を下げる機能を持ちます。

と言っても、重篤な場合はやはり医師の診察を受ける必要があります。

オフィシャルサイトにも明記してありますが、サプリメントは病気の治療を目的にはしていません。

悪玉コレステロールの数値別に2段階に区分されることは上述しましたが、その初期段階。

境界域のコレステロール値までの方が自宅で手軽にできる対策の一つとして使うものです。

・境界域高LDLコレステロール血症:120~139mg/dL

よくありがちなのですが、かな~り重篤化するまで放っといてからサプリだけで対処しようとすること。

これ、とても危険なことなのです。

検診などで高めの数値が出ると、まずは自分で取り組める生活習慣の対策をすすめられます。
こんな感じで↓

・禁煙、受動喫煙を含めタバコを避ける
・食事内容の改善→標準体重へ
・運動を習慣づける

こうした内容にサプリメントを組み合わせると、その効果も非常に出しやすいと思います。

これで収まらないと医薬品等の出番になってきますが、その前の段階で使うようにするのが正解と思います。

サプリには珍しい検証試験を経ているコレステ生活

コレステ生活は機能性表示食品です。

これはメーカー側の責任で、科学的なデータに基づいて、効果を表示することができる食品という意味です。

その科学的データが「ヒト臨床試験」です。

これは実際の商品を使い、ヒトの臨床試験を行うもので、調査に多くの時間と費用が必要なので、サプリではあまりやりたがらない方法でもあります。

効果はこの検査によって
・LDL値の低下
・総コレステロール値の低下
の2つが確認されています。

具体的なデータ値はグラフとともにオフィシャルサイトで紹介されています。

いろいろ調べたら効果ありそうだね・・・
ではなく、実際使って調べたら、数値で効果が確認されました。
ということなので、品質や効果に対する信頼感は高いですね。

コレステ生活を最安値で購入できるのは?

オフィシャルサイトでの販売の他、メーカー自身が大手通販(アマゾン、楽天市場、ヤフーショピング)に出店しています。

 アマゾンベストセラー獲得!!
 楽天市場コレステロールランキング1位!!

と、オフィシャルサイトに紹介されているくらいですから。

ヤフーショピングでは、メーカー以外の出品も見られますが、メーカー出品の価格が各通販で共通して最安値になっています。
オフィシャルサイトとの比較のためにも一応価格を挙げておきます。

アマゾン   :3700円(送料無料)
楽天市場   :単品3700円(送料無料)
       定期3515円(1袋の場合)
        定期6660円(2袋の場合)(3330円/袋)
        定期9435円(3袋の場合)(3145円/袋)
Yahoo     :単品3700円
        まとめ買い割引
        3袋~10%off(3330円/袋)
        6袋~15%off(3145円/袋)
        10袋~20%off(2960円/袋)

オフィシャルサイトには、独自の買得プランとして特別コース(とくとくコース)が紹介されています。

これは1袋/月の定期購入に限ったプランです。
初回500円、2回目以降10%OFFの価格。
ただし、3回の継続が条件です。

ただし、オフィシャルはトクトクコースの申し込み手続きの途中でおまとめコースが紹介されます。
これは3ヶ月分まとめて3ヶ月に1回配送するプランです。
この場合、初回1袋分無料、初回2袋と以降の分は22.5%off(2868円/袋)となります。

どこで購入するにしても、メーカーからの購入になるので品質、供給面での心配はないと考えていいと思います。
価格的にはオフィシャルサイトが1番安く購入できることになります。

が、多少状況にもよるでしょう。

特に、続けられるサプリかどうか、アレルギーも含めて試したい場合は、まず大手通販で単品購入の後、続けると決めた時点でおまとめコースとするのも1つの方法です。

効果面で試すなら、3ヶ月は最低量だと思うので、3ヶ月までの費用はとくとくコースが最も安くなるでしょう。
最初から9ヶ月以上の継続を望むなら、おまとめコースでスタート。

オフィシャルサイトでは紹介されていますが、3ヶ月の継続が効果判定には最低限の期間のようなので、オフィシャルサイトからのコース選択が最も選びやすいと思います。

オフィシャルサイト内のコレステ生活専用ページは
こちらをクリック→コレステ生活【機能性表示食品】