多くの美容製品に古くから使われてきたコラーゲンですが、実は今でも多くの部分でわからないことが
非常に多いという現実があります。
科学的に証明される前から、具体的な効果を得た実績から広く使われるようになっていたコラーゲン。
そのため、ずいぶんひどい中傷めいたことも言われるようになってきていました。

原因は売る側にもあったと思います。
売らなければその先はないのは確かですが、正しい情報を真摯に伝える努力を怠り、逃げ道だけ確保し
ながら違法寸前の、際限のない広告攻勢。
私はこんなになりました!と極端によいことばかりを並べ連ねる。

それでは反発する人がいるのも頷けます。
でも、そうした反発情報にもまた不正確だったり、過剰表現であったりするものが増えていくものです。

そうした不確実な情報を元にしたせめぎ合いは興味は引くでしょうけど、結果として困っている、悩ん
でいる人を迷わせるだけになってしまっていることは悲しいことです。
また、疑いを残して使うことで、本来得られるはずの好結果が出ない可能性もあるのです。

ですが地道に研究活動を続けることで、これまでは不明な部分が多かったコラーゲンについて多くの事
が分かるようになってきています。

コラーゲンの持つ効果にはちゃんとしたメカニズムが働いていた、その裏付けが取れてきているのです。

コラーゲンは実はちゃんと吸収されて体内でコラーゲンを作っていた

コラーゲンも所詮蛋白質であることには変わりなく、消化吸収の際にはアミノ酸レベルに分解されるの
だから、豆腐や鶏肉の摂取と意味合いに変わりはない。

コラーゲンを摂ったからといってそれが体内でコラーゲンになる訳ではない。
コラーゲンがコラーゲンのままで吸収されることはない。
コラーゲンを増やしたいからといってやみくもにコラーゲンを摂取する意味は全くないのだ。

基本的な消化吸収のメカニズムに照らせば、至極最もな言い分で、内容が基礎的であるが故に説得力も
ある。
誰もが理解しやすい言い分です。

しかし一定期間、食料品としてコラーゲンを積極的に摂取した人の肌年齢、弾力性やツヤなどが大きく
向上することは、これまた多くの実験がなされ、分かっていました。

理屈はともかく現実に肌の悩みやトラブルがいい方向に変わるなら、危険もなく入手も比較的簡単なの
で手軽にコラーゲンを摂取したくなるのは人情ですし、実際ブームのような時期もありました。
今でもそうだと思います。

具体的なメカニズムをここでテキストにすると膨大で大変な事になります。
なのでそれは他に譲るとして、結論だけ簡単に言うと、摂取は正解だったことになります。

コラーゲンの分解物であるペプチドにはコラーゲンを作り出す繊維芽細胞を増加活性化する働きのある
ものが含まれ、その効果によってコラーゲンが増加していく。
コラーゲンを食べていればその原料はすべて体内に揃っている事になる。
コラーゲンは体内でコラーゲンを作っていました。

食べるだけではなく、皮膚表面からの吸収もされることがわかった。
皮膚吸収されたコラーゲンペプチドにも繊維芽細胞の活性化効果があり、これにより皮膚の再生活動を
後押しすることができる。
化粧品として肌に直接使う事にも大きな意味があったことになる訳です。

食べるだけではなく、皮膚表面からの吸収もされることがわかった。
皮膚吸収されたコラーゲンペプチドにも繊維芽細胞の活性化固効果があり、これにより皮膚の再生活動を
後押しすることができる。
化粧品として肌に直接使う事にも大きな意味があったことになる。

ということは、肌のエイジングケアにとって大きな意味があったことが立証されたことになる訳です。
愛媛大学医学部附属病院 抗加齢・予防医療センター長も、この効果には注目しているという取材報道が
あったほど。

このセンター長は私の専門学校時代の臨床医学の先生だったのでよく知っており、現実味があります。

失われたコラーゲンの再生だけではなく、コラーゲンペプチドには他の多くの組織の再生や働きの向上に
寄与している事も分かってきています。
いい意味で多くの可能性が見出されているのです。


ファンケルディープチャージコラーゲンのここが優れている!

コラーゲンが分解されてできるコラーゲンペプチドの中でも、ペプチドのままで吸収されるのはアミノ酸
が3量体(トリペプチド)のものまで。
それより大きくなると吸収が指数関数的に悪化してしまいます。

ファンケルで使われているHTCコラーゲンは単なる低分子量というだけではなく、最も吸収しやすい形の
トリペプチドを高含有した、特許を取得したコラーゲンを使っています。

コラーゲン商品は種類が非常に多く、検索すればたくさんヒットします。
謳い文句だけではなかなか判断がつきませんが、長く取り組みを続け多くの研究成果を出していることは
選択のよい判断基準になるのではないでしょうか。

多くの働きが分かってきているからこそ、コラーゲンも質にこだわらないといけない時代なのだと思います。

好みに応じて4つのタイプが選べます

価格比較で紹介しているのは錠剤タイプですが、他のタイプも含め全部で4種類あります。

各タイプに含まれるHTCコラーゲン量も合わせて記しておきます。
1、小粒で飲みやすい錠剤タイプ(1000㎎)
2、すぱやくおいしく飲めるドリンクタイプ(3000㎎)
3、さっと溶けるパウダータイプ(3000㎎)
4、お菓子感覚のゼリータイプ(3000㎎)
目的に応じて使い分けられるようになっており、これもいろんなシチュエーションで使いやすいものを選べ
る優れたポイントでしょう。
ちなみに、錠剤でも液体でもゼリーでも粉末でもコラーゲン自体の効果に関しての差はありません。
液体の方が効率がいい・・・などということはないので、自分が最も使いやすいものを選んでOKです。

タイプによってコラーゲンの含有量が異なりますので、そこだけは気をつけて下さい。

一般的に、はっきりした効果を出すためのコラーゲンの摂取量は5~10gと言われます。
mgなら5000~10000ということです。

それじゃ足りない?

と思うかも知れませんが、ファンケルの場合ただのコラーゲンではない事を思い出して下さい。
吸収効率が極めて高い状態での含有量なので、mgの数字だけの単純比較では意味ありません。

というか、それを百も承知で処方している訳です。

ただ、やはり高い効果を出すためにも基本を3000mgタイプのものにした方がいいことは確か
です。
1000mgの錠剤タイプは3000mgがうまく取れないときにフォローのために使うとうまく使える
と思います。


コラーゲンの働きをサポートするプラス成分

コラーゲンの吸収や働きを助けるために、プラスアルファの成分が加えられることは多く、何をプラスするかが各社の大事なノウハウになります。
ファンケルでは以下の5つが加えられています。

ビタミンC
バラのつぼみエキス
セラミド
ヒアルロン酸
リンゴベリーエキス

ビタミンCとバラのつぼみエキスはどのタイプにも全部含まれており、その他は、使い方に合わせて加えられています。
ビタミンCはコラーゲンの合成時に必須栄養素であり、ばらの蕾は合成したコラーゲンの分解を防ぐ独自成分。
これがファンケル独自の他にはないポイントです。

セラミドとヒアルロン酸はコラーゲンが美容成分として効果的に働くための構造の安定化に寄与する成分です。
リンゴは・・・飲みやすくするためのフレーバーとして飲むタイプにだけ入っています。

ファンケルディープチャージコラーゲンの大手通販価格最安値は?

ファンケルはアマゾン、楽天市場、ヤフーショッピングにも出店しています。
ディープチャージコラーゲンは新発売で特別価格ですが、2018年6月現在の各通販価格は以下の通りです。
(特別価格は6/30まで!)
各通販の最安値とファンケル店と、同じ商品の価格を並べて記しておきます。
種類があるので、粒タイプで比較しますね。

アマゾン  1619円    1620円  2000円以上送料無料
楽天市場  1404円    1500円(送料無料)
ヤフー   1404円    1500円(送料無料)

ファンケルオンラインショップ 1500円(送料無料)

商品本体の価格は各大手通販の最安値の方が安いのですが、軒並み送料が加算されるので、結局支払い額の最安値はファンケル店になります。



ディープチャージコラーゲンはどこで入手するのがいい?

商品本体の価格は各大手通販の最安値の方が安いのですが、軒並み送料が加算されるので、結局支払い額の最安値はファンケル店になります。

基本的には続けて使うことで効果を出すので、継続購入するならオンラインショップのサービスを使った方が多くのサービスが利用できます。

ポイントで言うなら、還元率9%のポイントサービスがありそのままファンケル製品購入の際使えます。

また定期お届けサービスを使うと商品自体がさらに割引。
粒タイプならキャンペーン価格1500円から更に1458円まで下がります。
オンラインショップ専用ページからの申込みです。

その他下記のようなサービスが使えます。
・無期限返品/交換サービス
 開封後でもOK。送料はファンケルの負担で利用できます。
・選べるお届け方法で受け取りを簡単に
 置き場所、日付、時間帯が選べる他、職場など登録外の場所
 へも配達OK
・問い合わせ。相談窓口対応
 種類や自分の目的に合った使い方など、上手にお得に使うため
 のいろんな相談ができます。
・メルマガで割引キャンペーン等の情報がいち早く配信されます。

Tポイントや楽天ポイントと比べても、メリットは大きいのではないでしょうか。

オンラインショップは↓こちら↓をクリック。