二日酔いをサプリで対策するなら、まずはお酒を呑む前に使うのがセオリー。
 ” 呑む前に飲む ”
が鉄則だと思います・・・よね?普通は。

でもその鉄則を覆す二日酔い対策サプリがあります。
ビール会社が作った二日酔い予防ゼリー

アスラックス

アスラックスが画期的なのは、呑んでしまってからでも飲めば効果を出せる!
(ゼリーなんで食べれば・・かな?)

ということなんです。

突然入る飲み会の予定、お誘いなどなど。
仕事がらみの接待などは辛くても断ることはできません。

また年末年始などは特に呑む機会が多くなってしまって、事前対策ってなかなか追いつかない事も多く
なってくると思います。

呑み始めてから、呑み終わってから気づいてもOKって大きいですよ。

二日酔い状態を抱えたままでは、満足に仕事もできませんし、プライベートを楽しむ事もできません。
呑む人はよくわかってますよね。

呑んだ翌朝、起きた瞬間
あれ?頭痛くないぞ!
気持ち悪くないな!
その日一日が、とっても明るくなりますよ。

悩ましい症状の対策にサプリという手段を加えたい。
ならば、試す価値あり。

購入はこちら→アスラックス

有効成分「トリュフエキス」とは?

アスラックスの効果を担っているのはトリュフから取り出された、エキスです。

トリュフって、あの3大珍味の?
高級フランス料理によく出てくる?

まさしくそうです、あのトリュフです。

ビール会社単独で研究できる内容じゃないなぁ・・・
と思いましたが、新潟薬科大学と共同研究してますね。

アカデミックな発想で研究しないとこうした成分はそうそう見つからないですよ。

肝臓でアルコールを分解する際、酵素とそれを補い活性化する補酵素というのが必要なのですが、
トリュフエキスが働くのはこの補酵素に対して。

分泌を促し、かな~り強力にアルコールの分解を進めます。
アルコールの代謝促進剤としてきっちり特許を取ってますね。

テストを受けた被験者の9割が、血中アルコールを3時間後に78%も下げているという研究データ
が出ています。

でもトリュフって高級品では?
高くない?

と、思うでしょうけど、世界初の人工栽培にも成功してるわけです。
天然はとんでもない金額でしょうけど、大幅なコストダウンにも貢献してますよ。

ちょっと興味湧くでしょ?
今度の呑み会で試してみては?

入手はこちら→アスラックス

このトリュフエキス、実はアンチエイジ効果も検証されてます。
何がアンチエイジかって、男性ホルモンや女性ホルモンを作る材料の血中レベルがぐん!
と上がるのです。

お酒とは関係ない効果も持ってるすぐれもんなんですね。

二日酔い対策にこんな効果が乗っかるなんて!
そっちが気になる女性にばっちり合う。

アスラックスに含まれる成分をすべて書きます

ここで全成分を一覧にしたのは、アレルギーの可能性を事前チェックするためです。

アレルギー体質の場合、自分が何に強く反応するかわかってることが多いと思いますので、
照らし合わせて下さい。

羅列してしまってます。
見えにくかったらごめんなさい。

果糖ブドウ糖液糖、オレンジ果汁、イソマルトオリゴ糖、AMPトリュフエキス
ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料(クエン酸)、ph調整剤(クエン酸ナトリウム)、
香料、ビタミンB2、ビタミンB3、ビタミンB6

トリュフエキスに気がいってしまいそうですが、意外な一品が入ってました。

AMPってなんだ?
って思った人もいたはず・・・

本名は「アデノシン1リン酸」と言います。

肝臓のアルコール代謝をする、その途中でできるので中間物質といいます。
(体の全ての個々の細胞がエネルギーを作り出す反応の途中でもできます)

細胞代謝のための働きを促進する効果が見つかってて、例えば肌のターンオーバーを促進
したりするので、美容分野でも注目されてる成分なんですよ。

このAMPがトリュフエキスの働きとうまくコラボできる存在だったりします。

錠剤やカプセルだと、よく素材にゼラチンを使っていて注意が必要な場合があります。
アスラックスはゼリーなのですが、ゼラチンは使っていませんので、念の為。

↓オフィシャルサイトはこちらをクリック↓